NOWhere

*50代生活のあれこれ*

宇宙に夢中。アシュタールのことなど。

友人がある動画を送ってくれたことをきっかけに買った本。

主人はSF好きで、今も大事にしている書籍の半分はその分野。映画もいろいろ観ていたけど、以前の私にはピンと来ず。

でも今は、この地球だけで何かが起きてるなんて不自然すぎると思い始め、なんやかんや調べていたら結構はまってしまっている。

ゼカリア・シッチンも少し齧った。

アシュタールという言葉はよく聞くのだが、定義がわからないままスピ系の何か、という認識だった。この本を読んで、そのアシュタールのイメージも少しクリアになった。

私は普通の人間で、宇宙のあれこれを確認できないから、信じるも信じないもなく、今のところは、イメージが掴めただけで楽しい。

Diva Spirit Journeyという動画でも、アシュタールを語る番組があって、共通点がいくつかあった。

闇に堕ちたアシュタールや、カルト上のアシュタールというのもいるそう。

シリウスBは闇に打ち勝てず、バランスを崩してしまったそうな。

昨夜窓から眺めたシリウスは今までと違った。ゆらゆら揺れて、泣いているようにも見えた。

宇宙は、私が考えているほどただ美しくロマン溢れる空間ではないのだよ。

それと、「さる100TV-5D意識」という動画で見た内容だが、木星の衛星ガニメデで宇宙会議があって、イーロン・マスクさんほか地球からの参加者がいたんだと。ほぅ。。

で、まあいろいろ考えているうちに、やっぱり宇宙の歴史抜きには人間は語れないぞと思えてきたのです。

そして、世界の数々の神話は宇宙人絡みか?と感じ、暫く読んでいなかったジョセフ・キャンベルさんの本にも手が伸びたりね。