NOWhere

*50代生活のあれこれ*

鼻の手術を終えた主人の事など。

f:id:bananaflower:20211010205911j:plain
今日も空の観察。
右上のほうになんかまた不自然な感じの雲。
トトロの頭のような形の。

さてさて、
主人が3泊の入院生活から我が家にご帰還。昔は共働きで、主人の出張や自分の実家の用事などで、どちらかが不在なんて当たり前だったけど、今はもうそんな生活ではなくなり、一晩でも主人がいないと奇妙である。
歳を重ねると、二人の距離の取り方も心得てきているつもりだが、突然いつもと違うパターンになると面食らう。寂しいとか、困るとか、そういう事以外にあれこれ気付く想いがある。

本人が思っていた以上に鼻ポリープが大きくなっており、内部の歪みの治療も含めての入院。術後数時間しか経っていないのに、病室から興奮気味に電話をかけてきて、鼻の感覚が全然違う!などと嬉しそうに叫んでる。そんなに喋ったらダメだと言ってもまるで聞いてない。案の定、急にうっ…と押し黙り、今度は小声で何度もマタ…と言ってる。ああ、「またね」ってことね。痛みがでてきたか…ということで、ようやく電話を切った。

お蔭様で自宅で少しずつ回復に向っている。
まだ畑で作業できる状態ではなく、今日は私が代わりに水やりに行った。
いま10月だよね、…と何度も額の汗を拭う。
日光が優しくない。真夏ほどではないけれど、なんか皮膚にちりちりする。

今日の夕食はミネストローネ。
主人はまだお肉は食べたくないらしい。
暫くはシンプルなメニューで良さそう。
ずっとシンプルがいいのだけれど…。