NOWhere

*50代生活のあれこれ*

53歳のコイン。

f:id:bananaflower:20211006213349j:plain

お財布に小銭が溜まってきたので、
切符を買うのに使おうとした。
350円だったので、100円玉3つと50円玉1つ。
何回入れても戻ってくる。
違う券売機でも試しても戻ってくる。
券売機がおかしいのではないな。
原因はコインだな。
掌に載せしげしげと眺めそっと撫でてみる。
100円玉の1つに、わずかな歪みを感じた。
端が反り上がっていた。

昭和43年発行のコイン。

長い間、
様々なお財布の中で他のコインと擦れ合い、
様々な自販機の中を滑り落ち、
時には踏まれ、投げ込まれ、
何度落とされ拾われただろう。
時には喜ばれ、悲しまれ、
使う者の感情を背負いながら、
何人の手に握られただろう。

私がもっと老いたとき、
世の中には紙幣も硬貨もないかもしれない。
そう思うと、
モノとして、このコインがとても愛おしい。
私とたいして変わらぬ歳の、
おそらく私より頑張ってきた100円白銅貨。

また誰かが切符を買うときに困るから、
もう使わない。
うちでゆっくり休んでもらう。