NOWhere

*50代生活のあれこれ*

淡路島の見える場所

お天気も良く暖かいので、思い立って散策。
ハイキングコースをぶらぶら。
途中、淡路島が見えた。
なんだかそこだけ違う世界の日本に見える。
神話の世界とだぶらせる。
でもふと現実がよぎり、どうかあまり商業的にならないで、と願う。f:id:bananaflower:20210213201149j:plain

龍神様をお祭りする小さな神社に辿り着いた。
鳥居をくぐり、お賽銭箱のところまで進んだが、拝殿はシャッターで閉じられているからなんとなく心許ない。
それでも参拝して鳥居の前に戻ってきたら、
近くのベンチに座っていた初老の男性が、
前方からはわかりにくいけど、拝殿に沿って行ったら奥に本殿がありますよと教えて下さった。
言われた通り後ろに回り、ハッとする。

自分が生まれ育った土地でも、また大人になって住んだいくつかの土地でも、お世話になった氏神様は全て大きな神社だったので、いま住む街では、このような小さな神社を訪れるときの感覚が当時とは随分異なる。 
以前よりも、土地と暮しに根付く力を感じる。

改めて参拝させて頂いた。

f:id:bananaflower:20210213201750j:plain
f:id:bananaflower:20210213201826j:plain

山茶花がうつむいていた。
下から覗き込んだら風が吹いて、
恥しそうにいやいやと揺れ、
撮らせてもらうのに苦心した。
f:id:bananaflower:20210213202013j:plain

いま読んでいるコトタマ学の本を読み終えたら、古事記を買おう。